【毎日】ネイティブキャンプ4ヶ月目の効果

【毎日】ネイティブキャンプ4ヶ月目の効果

今回は、ネイティブキャンプを4ヶ月継続して得られた効果について書きたいと思います。

 

私は、2020年4月に利用を開始してこれまでで約450回、時間にして190時間ほどレッスンを受けてきました。

 

4月から現在までほぼ毎日継続して受け続けています

 

3ヶ月で得られた効果については、こちらの記事をご覧ください。

 

結果

定量的な結果

 

私は、ネイティブキャンプの利用を開始してからTOEICなどの公的なテストを受験していないため、毎月ネイティブキャンプ独自のマンスリースピーキングテスト(無料)というものを受けています。

 

始めに結論から申し上げますと、前回受けたマンスリースピーキングテストよりもスコアが上がりました

 

マンスリースピーキングテストとは

AI技術を使用して英語スピーキング力を評価し、流暢さ、語彙力、文法、発音の4つの観点から総合的にレベル判定を行います。

ネイティブキャンプ公式サイトより抜粋

プレビュー(新しいタブで開く)

ただ、こちらのテストはネイティブキャンプ独自のテストであり、ネット上では様々な意見が見られるため、あくまでも一つの目安として捉えています。

定性的な結果

 

数値で見たときには、(一応)上がりました。

ただ、数値を見てもわかるように上がったと言っても若干です。

 

感覚としても、思うように英語力が上がらずもがいています

感覚的な部分なので、もちろん人によって異なりますが、私としては素直に満足いく結果とは言えません。

 

 

リスニングに関して言うと、相手の言っていることのニュアンスはほぼ分かるが(8〜9割程度)、きちんと英文一つ一つを拾えてはいない感じです。

 

スピーキングに関して言うと、何度も繰り返し使った表現や単語(趣味や留学など自分のことに関して)は増えていっているものの、ニュースなどを題材にしたディスカッションなどでは6〜7割程度しか表現できず、「本当はもっとこう言いたいのに」と感じています。

 

 

もちろん、一朝一夕に英語力が伸びるとは考えていないので当たり前なのですが、結果が思うようについてこないとモチベーションの維持にも関わります。

 

そのため、7月は他の月に比べてもレッスン数が少なくなってしまいました。

 

 

しかし、続けていると嬉しいこともありました。

先生の優しさの部分も大きいですが、「発音がとても綺麗ですね」と褒められたり「あなたは既に流暢に英語を話せているからこの調子で頑張って」と言われる回数が増えました。

 

開始当初は、このように褒められることは少なかったので普段の勉強の成果を感じることもできました。

具体的な勉強法

私はほぼ毎日4つのレッスンを受けています。

 

具体的には「文法」「発音」「デイリーニュース」「5分間ディスカッションorフリートーク」を使っています。

 

 

これらのテキストや授業内容に関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

ここでは、これらの教材を使い感じたことについて書きたいと思います。

 

まず、「文法」についてです。

実は、文法のテキストは既に1周して現在2周目です。繰り返して文法を学ぶことで普段の会話の中でも文法に気をつけられるようになりました。

特に、3人称時制単数・複数については話している中で意識しなくても使えるようになってきたと感じています。(もちろん完璧ではないですが)

 

 

次に、「発音」についてです。

当初は「L」と「R」の発音の違いが分からず、意識もしていなかったため授業中に訂正されることが多かったですが、発音の授業を受けてからはその回数が減りました。

また、この授業では毎回一つのパラグラフを使って授業を進めていくため、英文を読む速さも速くなったと感じています。

そして、毎回リンキングも一緒に学ぶため普段の会話の中でもスムーズにリンキングを意識できるようになってきたと思います。

 

 

次に、「デイリーニュース」についてです。

「発音」の授業を併せて使用することで、リーディングのスキルも向上したと感じています。

また、毎回そのニュースについてディスカッションを行うため、自分の意見を構成して英語で表現することに慣れてきました。

 

 

最後に、「5分間ディスカッションorフリートーク」についてです。

初めは、幅広い題材について自分の意見を表現するために5分間ディスカッションを使用していましたが、ほとんどの題材について一度以上話したため最近はフリートークを使っています。

 

先生によっては、教科書に載っている質問以外のことも聞いてくれるのですが、ほとんどの場合教科書に沿って進んでいくため一通り終えてしまうと手応えがあまりないです。

 

その代わりにフリートークを使って何回も同じ先生と話すことでより深い話題について話すことできるため、最近はフリートークを使用しています。

 

同じ先生とフリートークをすることで自分との共通項が生まれるため、いろいろな話題について話しやすくなります。

 

 

先生が自分のことを理解してくれているからこそ、表現方法が増えたり英語学習についてのアドバイスも貰いやすくなります。

4ヶ月目で感じたこと

特に3ヶ月目までと変わったことはありません。

ただ、レッスンをこなしてネイティブキャンプ自体に慣れることで自分と相性の合わない先生に出会う確率は格段に下がりました

 

加えて、「お気に入り」にした先生の数も増えていくため色々な話題について話す機会が増えました。

 

 

「お気に入り」の先生を増やしていくことで、より深い関係(自分の英語力について深く理解してくれる)になります。

中には、とても経験豊富な先生もいらっしゃるので、最近はその先生とフリートークを行いながら英語学習のコーチングのようなものも行ってもらっています。

 

 

 

しかし、レッスンをこなしていくとそれだけ教材もこなしていくことになります。

そうすると、教材に飽きがくるというか次に行う教材で迷うことがあります。

 

こちらの記事でも紹介していますが、ネイティブキャンプには現在28種類の教材があります。

もちろんこれら全てが全ての人に向いている訳はなく、目的やレベルに合わせて作られています。

 

 

 

レッスンをこなしていくと自分のレベルと目的にあった教材が段々なくなっていきます。

もちろん、繰り返し使うこともできますが、人間なので飽きを感じてしまいます。

個人的には、もう少し教材の種類が増えてくれたらもっと使いやすくなると思います。

満足?不満足?

結論として、私はネイティブキャンプに満足しています

 

その理由は、月額¥6,480で1日に何度でもレッスンを受けられるというシステムが自分にマッチしているためです。

 

このような状況で家で過ごす時間が増え、かつ留学前に英語力を少しでも向上させたい私にとってはこれ以上のサービスはないと思います。

 

 

先生方の質含め、多くの方と英語で話す機会があるため留学するまではネイティブキャンプを継続する予定です。

 

 

不満な点を挙げるとするなら、やはり教材の種類です。

ネイティブキャンプには、ビジネス用教材や子供向けの教材(初心者用教材含む)などは用意されているのですが、アカデミックイングリッシュを学びたい学生向けの教材はありません

 

確かに、他社のオンライン英会話サービスでアカデミックイングリッシュのコースを提供している会社はあるのですが、値段と1日の利用回数を鑑みたときにはネイティブキャンプの方が私には適していると思いました。

 

 

これらの理由から全体的なサービスの質には満足しています。

ネイティブキャンプまとめ

2020年4月に利用開始し、現在までの約4ヶ月間ほぼ毎日ネイティブキャンプを使用して得られた効果についてご紹介しました。

 

 

今回のポイントは3点です。

 

POINT

  1.  4ヶ月全体で見ると確実に英語力は身についている
  2.  3〜4ヶ月目になると若干飽きを感じモチベーションが下がることもある
  3.  教材の種類について不満な点はあるが、全体的な質には満足できるため今後も継続予定

 

 

オンライン英会話の利用(ネイティブキャンプ以外にも)を検討されている方はまず無料体験に申し込んでみることをオススメします。

 

先生の質や相性、教材の質について事前に確認することができるためとても有益だと思います。

 

私もネイティブキャンプの無料体験を利用し7日間で25回レッスンを受講し、自分に合うことを確認してから申し込みをしました。

 

ネイティブキャンプ の無料体験はこちらから行うことができます。

こちらの記事が参考になりましたら、シェアやTwitterのフォローをしていただけると幸いです。

Englishカテゴリの最新記事